害虫を駆除するに適した季節があります。
基本的には大発生する前に駆除することが、最適です。


害虫等種類 説明
 1月 ネズミ 防除対策を施さないと、食料が十分ある場合は生息数が以前の9倍の数に増え、天井裏が騒がしいだけでなく、日中室内に出没し食料を物色。
 2月 ネズミ 防除対策を施さないと、住宅や作業場の生息が少なくて3倍の数に増え、天井裏が騒がしいだけでなく室内に出没し食料を物色。
 3月 ネズミ 外の雪が消えると屋内に生息して居た物が徐々に屋外に生息場所を移動。
 4月 シロアリ、アリ 月末から5月にかけて住宅に発生する、人間に例えればガンのようなものです。気温が上がって250c位に成った時に外から侵入して室内に列をなすことがあります。
 5月 シロアリ 住宅や建物で繁殖しているシロアリが羽蟻となって大量に発生します。
 6月 クモ


ゴキブリ


ハチ
昆虫が活発に活動している時期に成りました、其の虫を食ぺるために、建物に捕中用の網を張り迷惑します。

住宅の床下や、天井裳、周りに生息していた物が、活発に活動し、室内で確認されるようになります。

巣を作り始めます。
 7月 ハチ 巣が徐々に大きくなりますが、まだ数は多くありません。
 8月 スズメバチ 巣に多くの成虫の出入りが活発になり、巣の近く寄ると威嚇が始まる。
 9月 スズメバチ 巣に多くの成虫の出入りが活発になり、巣の近くの方が気がつく頃です。
10月 ネズミ 住宅や作業場にネズミが侵入を始め、天井裏が夜になると騒がしくなる。
11月 ネズミ 住宅や作業場にネズミが生息及び繁殖を始め、天井裏が夜になるとより騒がしくなる。
12月 ネズミ 防除対策を施さないと、住宅や作業場の生息が少なくて3倍の数に増え、天井裏が騒がしいだけでなく室内に出没し食料を物色。




COPYRIGHT(C) 有限会社グロウ豊栄  ALL RIGHTS RESERVED..